起こりやすいトイレのつまりを解決するには

起こりやすいトイレのつまりを解決するには トイレつまりは水のトラブルの中でも水漏れと並んでよく起こるもののひとつです。しかし、トラブルが起こった場所や物次第では、自分で解決が可能です。つまりが起きたときに適切に行動できるよう、トイレがつまる原因や解決方法を事前に知っておくと良いです。



■トイレがつまる原因

つまりが起こる原因のひとつに、流すものの量に対して水の量が不足しているという点が挙げられます。トイレの水流が弱いと汚物などが流れず、つまってしまいます。節水のために大便を小洗浄で流すとつまる可能性が高くなるのでやめましょう。大洗浄で流しているのにも関わらず水流が弱い状態は、タンク内に異常が生じている疑いがあります。
水流の圧力が足りていても、一度に流す量が多ければ当然流し残しが発生します。シングルではなくダブルのトイレットペーパーを使用している家庭では、使用量が多くなりがちです。
この他、紙類もつまりの原因となります。ティッシュやシートタイプのクリーナーなどは水に溶けないことが多く、トイレに流すのは避けて可燃ごみとして処分するのがよいです。また、吸水性の高い紙おむつやナプキン、ペットシーツなどは絶対に流してはいけません。腰に貼っていたカイロや、ポケットに入れていたスマホなどを落としてつまるケースも多く見られます。トイレに入る前にはポケットの中身を確認するように習慣づけると良いです。

■タンクが原因のことも
レバーを引いても水が流れない、いつもより流れが悪い状態は、タンクに原因があるとみられます。タンク内に水が溜まっていないのであれば、給水管から水が供給されていないか、内部の部品が正常に作動していません。タンク内に水があるのに流れないときは、内部の部品に異常が起こっています。
節水のためにタンク内にペットボトルなどの重たいものを入れていれば、タンクの水量が減るため排泄物などが流しきれなかったり、便器の奥の方でつまったりする可能性も出てきます。また、タンクに入れた重りが内部の精密部品に接触し、破損に至る可能性も考えられます。大洗浄、小洗浄はそれぞれ必要な水量となるよう設計されています。誤った方法での無理な節水はつまりの原因となるので、避けた方が無難です。正しい使用方法をもう一度確認してみましょう。

■トイレがつまったときの対処法

つまって流れなくなったときは、まず水がこれ以上増えないように止水栓を閉めます。止水栓はタンク付近にあるものですが、見つからない場合は元栓を閉め、家全体の水を止めます。次に便器のまわりにビニールシートなどを敷きます。この時に便器から汚水があふれそうになっているときはバケツなどに汲み出します。
急に発生したつまりはラバーカップで解決できます。購入する際には、和式用と洋式用とカップの大きさや形状が異なりますので間違えないようにしましょう。押す力ではなく引く力を利用しますので、正しい使い方をしなければいけません。
異物を便器内に落下させたときは、すぐに引き上げることが重要です。目に見える部分にとどまっているときは、ビニール手袋をして取り出します。固形物を無理に押し流そうとすると、排水管の途中でつまりが発生するケースもあります。紙おむつなど吸水ポリマーを使用したものは、時間が経てば経つほど膨らみます。自分で取り出せないときは、応急処置をしたらすぐに業者に連絡しましょう。

■まとめ
流し方を工夫するなど、つまりは普段の心がけで防げるものも多くあります。まだ流れるからとそのままにおくと、悪化して流れなくなったり、汚水があふれたりするリスクが高まります。普段から予防を心がけ、水のトラブルは早い段階で適切に対処することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース